3階建のグループホームは耐火建築にする義務あり?小規模建物活用の基準を解説

3階建のグループホームは耐火建築にする必要があるでしょうか?

建築基準法では、防火地域にある建物には次の通りの規制が設けられています。

(規模)(構造)
階数が3以上または延べ面積が100㎡を超える建築物耐火建築物
上記以外の建築物耐火建築物または準耐火建築物

そうすると3階建のグループホームは「耐火建築物」にして、柱周りに石こうボードを張るなど大規模な改修をしなければいけないでしょうか?

けれども法改正の結果、小規模な建築物を他の用途に転用しやすくする例外規定が設けられましたのでご説明いたします。

「3階建の物件でグループホームを始めたいけど大丈夫か気になる」という声が多数寄せられています。


この記事のポイント

・3階建のグループホームを耐火建築物にしなくてよい基準がわかります
・3階建のグループホームで他に必要となる建築物が何かわかります
・3回建のグループホームの建築基準を満たすためのコストが概算できます

3階建のグループホームは耐火建築にする義務あり?

3階建のグループホームは耐火建築にする義務あり?小規模建物活用の基準を解説

結論から言うと、3階建のグループホームは耐火建築にする必要はありません

ただし一定の条件を満たした場合に限ります

すると、

この3階建のグループホームの例外的な条件とは何でしょうか?

と疑問が出てくるでしょう。

そこで近年の法改正の情報を整理してお伝えいたします。

延べ面積200㎡未満

3階建のグループホームは耐火建築にする義務あり?小規模建物活用の基準を解説

2019年の6月25日の法改正で、3階建でも延べ面積200m2未満の「特定小規模特殊建築物」であれば、耐火建築物の対象から外れることになりました。

つまり障害者グループホームを開業する予定の物件の延面積が3階建でも200㎡未満であれば、柱周りに石こうボードを張るなど大規模な改修をする必要はありません。

3階建でも200㎡未満と言うことは、1階あたり約66㎡ですので、これを基準にしていただければ幸いです

竪穴部分とそれ以外の区画

3階建のグループホームは耐火建築にする義務あり?小規模建物活用の基準を解説

3階建ての建物をグループホームに使う場合は、各部屋(※竪穴部分)とそれ以外の部分を区画する必要があります

ポイントは区画するため、ふすま・障子を利用してはならず基本は間仕切り壁や戸での区画が求められます。

間仕切壁とは「両面9.5mm以上の石膏ボード張り」など、また戸の具体例は「フラッシュ戸」が挙げられています。

戸の遮煙性能

3階建のグループホームは耐火建築にする義務あり?小規模建物活用の基準を解説

障がい者グループホームの戸は、常時閉鎖 or 煙感知器連動で閉鎖するものとしましょう。

またポイントとしては、戸に遮煙性能が無ければならないことです

グループホームの入居者は健常者よりも非常時に迅速な対応が取れない可能性があるので、戸という細部まで規制がされます。

警報設備は必要

3階建のグループホームは耐火建築にする義務あり?小規模建物活用の基準を解説

ただし障害者グループホームは就寝用途ですので警報設備は必要になってきます

ここでいう警報設備とは自動火災報知器のことです

障がい福祉事業に「自動火災報知器」の設置の必要?費用は?

障がい者の利用者の方が夜も過ごすので万が一のために安全性の観点から自動火災報知器が必要になります。

自動火災報知器の費用については、感知器と発信器で約1万5千円程度になると概算ください。

まとめ

3階建のグループホームは耐火建築にする義務あり?小規模建物活用の基準を解説

3階建の物件でグループホームを開業することは一定の条件を満たせば難しくはありません。

消防設備や建物内の構造は追加で改修できますが、建物の面積に関しては事前にしっかりと確認してください。

特に地面に占める建物の面積ではなく、建物全体でグループホームとして使用する面積の総合計が200㎡未満であることが重要ですのでご注意ください。


障害福祉事業は耐震補強工事が必要?費用相場や助成金の説明あり
障がい福祉事業の原状回復工事の注意点とは?トラブル防止の対策も説明
障がい福祉事業で「検査済証」が無い場合はどうすれば?!オススメ解決法あり
障がい福祉事業で「用途変更」は必要か?その費用や最悪のケースも解説

3階建のグループホームは耐火建築にする義務あり?小規模建物活用の基準を解説
3階建のグループホームは耐火建築にする義務あり?小規模建物活用の基準を解説

関連記事

  1. 障がい者グループホーム物件について:探し方や難しさを解説

  2. グループホームと準不燃材料の関係とは?種類・相場・サンプルもご説明しま…

  3. 障がい福祉事業に「3階建以上の戸建て」を活用する注意点とは?

  4. 障がい福祉 統計 不動産 データ

    障がい福祉事業で「用途変更」は必要か?その費用や最悪のケースも解説

  5. 【開業失敗】グループホーム利用ができない物件①:理由と対策を説明します…

  6. 障がい福祉事業に「スプリンクラー」の設置は必要?費用は?

グループホームの物件のおすすめ記事

  1. 障がい福祉 不動産 データ分析

市場統計調査の活用事例1

  • 状況:事業所の開業直後
  • 希望:営業先や利用者見込みを知りたい
  • サービス内容:
  • エリア内の対象者推計・他事業所の供給量推定
  • +営業先調査・地域行政の動向

市場統計調査の活用事例2

  • 状況:数年間、事業所を経営している
  • 希望:自分たちの事業にまだ経営拡大の余地があるかどうか判断したい
  • サービス内容:
  • エリア内の対象者推計・他事業所の供給量推定

市場統計調査の活用事例3

  • 状況:新規開業
  • 希望:経営安定を目指し万全の体制を整えたい
  • サービス内容:
  • エリア内の対象者推計・他事業所の供給量推定
  • +営業先調査・地域行政の動向
  • +不動産調査交渉・融資申請

市場統計調査の活用事例4

  • 状況:事業所の増設をする
  • 希望:事業拡大のために確実な体制を作りたい
  • サービス内容:
  • エリア内の対象者推計・他事業所の供給量推定
  • +営業先調査・地域行政の動向
  • +不動産調査交渉・融資申請

グループホームの設備おすすめ記事

  1. 障がい福祉 不動産 データ分析

最近の記事